So-net無料ブログ作成
アトピー ブログトップ
前の3件 | -

アトピー性皮膚炎の予防 [アトピー]

スポンサーリンク





アトピー性皮膚炎に一旦掛かってしまうと、治療するのに非常に時間がかかってしまいます。
そんなことで、どうしてもアトピー性皮膚炎になる前に予防をしたほうが楽だということです。
ただし、アトピー性皮膚炎にかかる保証はありませんので、そのために予防するのは面倒だと思いしない人がたくさんいると思います。
確かに、アトピー性皮膚炎の予防をしなくてもアトピーにかからないかもしれません。
ただ、今現在の日本人の成人の男女がアトピー性皮膚炎にかかる確率は30%程度と言われていますが、この確率は年々上がってきています。
その為、アトピー性皮膚炎の予防はしておいたほうがいいと思います。
一度アトピー性皮膚炎にかかり、やっとのことで治療できた人たちは迷わず、二度とアトピーにかからないように、予防のために食事療法や、現在使っている石鹸屋シャンプーなどは全て自然素材のものに切り替えています。
これから考えると、アトピーにかかった人がどれだけ苦労して治療をしたかというのが、わかるようです。
苦労したからこそ、同じ間違いをしないように、感知後でもアトピーにかからないような予防策を取っているのではないでしょうか。
そんな気がしますが、この点を考えて、今、アトピー性皮膚炎にかかっていない人でも、しっかりと予防をするようにしたほうが得策だと思います。
このように、アトピー性皮膚炎にかかった人の行動を見て真似る必要があるのではないでしょうか。
そうなりますと、実際のところ、アトピーの予防Hどんなことをすればいいのでようか。
それでは、具体的なアトピー予防策を書いていきます。
アトピーの予防には、大人の場合と子供の場合では若干変わってきます。
大人の場合は、実際にどのような予防をしたらいいかです。
最近の大人のアトピーH増加傾向にあります。
アトピー性皮膚炎を予防するには、1日2回の食事で朝食には野菜ジュースなどにすると非常に効果的だといわれています。
実際に、朝食を野菜ジュースにして、孤高類は昼と夜だけ取るようにしたら、非常に体調が良くなったという人がたくさんいます。
最初のうちは、朝食を取らないで、ジュースだけということでお腹がすきますが、徐々にその食事にも慣れてきますので、問題はありません。
逆にアトピー性皮膚炎以外でも、健康上、朝食を取らずに野菜ジュースにしたほうが間違いなく体のためにもいいということは実証されています。
さらにいいのが青汁を朝飲むことで、より健康的な体を作ることになります。
青汁自体が、大麦若葉かケールが使われていて、それにほかの野菜や果実などを一緒に混ぜていますので、飲みやすくなっています。
青汁を飲むということは、ビタミンやミネラルに、食物繊維を摂取することができます。
どれも、健康にいいものばかりです。
健康に悪いものや副作用が出るものは一切使用されていません。
これらを摂取することで、腸内環境を正常に保つことができて、免疫力を高めることになります。
そのほかにも、亜鉛やポリフェノールによる解毒作用も大きくなっています。
青汁には、大麦若葉とケールの2種類あると言いましたが、栄養価を考えるとケールの方が栄養価は高いので、腸内を正常化する作用も大きく体には最適な飲み物です。
ケールの青汁と聞けば、昔は飲めたものではありませんでした。
飲みにくいを通リコしてまずかったケールの青汁でしたが、最近では、飲みやすいようにいろいろな果物が入れられています。
それらがミックスされて作られている青汁なので、そんなに飲みにくい飲み物ではありません。
子供でも、飲めるくらいの味にまで改良されています。
青汁であれば、1日1さだけ11杯飲めば、アトピー性皮膚炎を予防するだけの効果があります。
そのたった1杯の青汁を飲むようにするだけで、アトピーとは無縁のものになれるのです。
それだけではありません。
アトピー以外の成人病対策にもなりますので、現在は60過ぎた人たちが好んで青汁を飲むようになってきているということです。
まずは少食をご飯を食べることを止めて、野菜ジュースを飲むことに変えてください。
青汁であれば、尚効果的です。
さあ、これで食事によるアトピー性皮膚炎になることはなくなりました。
ただ、これだけのことでアトピー性皮膚炎にかからないのであれば言うことはありませんが、この食事療法は、言うことはありません。
これだけのことで毎日生活をしていけばアトピーの予防になるということです。
ただ。大人になると、お酒やタバコを吸います。
お酒は、飲んだアロTに体が赤くなったりして発疹ができたりしまうので、そうならないためにも、お酒はなるべく控えたほうがいいと思います。
お酒を控えることもアトピー性皮膚炎の予防にもなりますので、できるだけ飲まないほうがいいと思います。
さらに、タバコがアトピー性皮膚炎の元になるとは思っていませんでした。
タバコの煙には化学物質がたくさん含まれていますので、アトピーの予防には、タバコを吸わないことも大切です。
タバコには有害物質が多数あり、アトピーにもなりやすいし、ガンにもなる確率が上がります。
いくら食事で制限をして予防を行なっても、酒やタバコを飲んだり吸ったりすると、アトピーにかかる確率はあがりますので、飲まない諏訪内を実践するようにしてください。
食事を気にすることはこれまででいいのですが、そのあとは肌自体の状態がかんそうしないようにしなければアトピーもかかりやすくなります。
アトピーの予防をするには、肌の感想を防ぐことG大事です。
最近の都市部では、特に乾燥しやすいので、皮膚の感想をさせないためにも、予防のために保湿液などを毎日使用することで、予防をすることになります。
食事と皮膚の両方で、アトピー予防をすることで大切な体をアトピーから守ることになります。
乾燥肌になると、皮膚のバリア機能が正常に働かなくなり、外からの細菌に侵入されやすくなりますので、アトピーになる確率が高くなります。
その為、乾燥肌にならないための保湿を十分に行う必要があります。
このように、アトピー性皮膚炎の予防をするには、いろいろとやらなければいけないことがあるということに気づきました。
ただ、これだけの予防対策をするだけのことはあります。
アトピー性皮膚炎にかかったあとの治療のことを考えると、予防をすることなどたいしたことではないと思います。

スポンサーリンク





アトピー性皮膚炎の彼氏に食事を [アトピー]

スポンサーリンク





私は今、彼氏と同棲をしています。
付き合い始めたときはアトピー性皮膚炎にかかっていなくて、肌もスベスベで、綺麗な肌をしていた彼氏でしたが、細菌アトピーにかかってしまい、顔全体に発疹や腫れが目立つようになってきました。
彼氏に顔大丈夫と聞いても、大丈夫と返してきますが、いつも顔のどこかを掻いているようで、痒いのだろうなとは思っていましたが、本人があまりアトピーの件には触れられたくないようなので、そのときは聞き流していました。
彼氏が風呂に入るときに、背中をみるととんでもないくらいの湿疹が背中全体に出ていたので、これはいくらなんでもなにか治療をしなければいけないと思いました。
とりあえず、彼氏が痒くて手が届かないところは、私が代わりに掻いてあげました
それでも、これだけアトピーの症状が出ているのであれば、病院に行ったほうがいいと思い、嫌がる彼氏を連れて、皮膚科へ連れて行きました。
先生の診断では、間違いなくアトピー性皮膚炎です、ということで塗り薬を処方してくれました。
それから、毎日風呂上がりにはその塗ぐすりを塗って上げています。
症状も少しずつ良くなってきていまして、ただ、この薬だと、症状を軽減しているだけで、アトピーの治療にはならないということを、私の知識としてありましたので、彼氏のアトピーの治療のために、いろいろと改善しないといけないことがあるなあーと思っていました。
とりあえず、病院からもらった薬で症状の軽減に毎日薬を塗っています。
薬を塗っていても、彼氏は意識していないようですが、知らないうちにポリポリと発疹していて痒いところを「書いているようです。
なんとかして上げたいと思って、いろいろと本とかでアトピーの治療を探っていると、出てきました。
食事療法が一番やらなければいけないことで、今の彼氏の食事を見ていると、インスタントラーメンやコンビニのお弁当にウインナーなどの加工食品ばかりを毎日食べています。

同棲はしていますが、時間帯が違うので、食事に関してはお互いが、自分で食べるように決めていましたので、仕方がありませんが、これはちょっと改善しないといけないと思い、私が料理をして、冷蔵庫に入れておくことにしました。
彼氏にそのことを話すと、大変喜んでいました。
私の大好きな彼氏なので、なんとかしてあげたいと思い、食事は私ができる限り作るようにすることにしました。
食事はできるだけ油っぽいものは食べさせないようにということで、できるだけゆがいた肉を食べさ得るようにしています。
特に鶏肉のささみを中心に料理を作るようにしていて、本当は魚が一番いいのですが、魚は彼氏があまり好きではないので、できる限りささみ中心で湯で料理で食べさせています。
野菜をたくさん取ったほうがアトピーにはいいということで、野菜サラダを毎日食べさせています。
食べ方にも工夫があり、まずは、野菜を先に食べてから肉などを食べたほうがアトピーにはいいということで、私が一緒に食べる時には必ず野菜を先に食べるように彼氏には進めています。
彼氏も可愛いもので、私が言ったことを忠実に守ってくれて、ほんとうに助かります。
そのかいあってか、アトピーの発疹が背中に出ていたものが、ほとんどでなくなっていて、彼氏も背中はあまり掻かなくなりました。
それだけでも進歩したと思っていますが、実はまだ、全く症状が変わらない場所があって、彼氏の顔の湿疹や腫れが全く以前と変わっていなくて、食事の改善だけではダメなようです。
そこど、次の対策として、風呂で使う石鹸屋シャンプーを帰ることにしました。
これも調べた時に載っていたことですが、石鹸やシャンプーを使うとどうしても一番敏感な顔の部分に強力な刺激を与えてしまいますので、化学物質の入っている石鹸やシャンプーは使わないように自然素材の石鹸やシャンプーを買い直しました。
私としては、ちょっと値が張りましたので、買うのを躊躇しましたが、大好きな彼氏のことを考えると、やはり買うことにしました。
私も今、同じものを使っていまして、肌に非常にいいものだと使っていてすぐにわかりました。

たぶんこれであれば、彼氏の顔にも効果が出るのではないかと思っていました。
それから約1ヶ月ほどして彼氏の顔を見ていると、徐々にですが、腫れが引いてきているように見えます。
間違いなく効果が出ているものだと思っています。
これで、彼氏のアトピーが改善されればいいとは思いますが、アトピー性皮膚炎に関しては、ほんとうに治療するのが大変だなーとつくづく感じました。
ここまでのことをしなければ、アトピーは治らないということに私自身始めて知りました。
病院の薬だけでは関知しないということは聞いていましたが、食事から肌に使うものまでいろいろなっことに気を使わないといけないので、大変です。
こんな治療が必要であるとなれば、医者が食事や肌に使うシャンプーや石鹸に至るまで、アドバイスをすることは無理に近いと今更ながら思いました。
慰謝としては薬で治すことができないということを分かってはいるのですが、治療にこられた患者には、今ある薬でアトピーの症状に一番効果的なものを利用するというのは間違ってはいないと思います。
ただ、薬を処方するときには、このクスリだけでは治りません。
食事療法なdほかの改善策と一緒に薬を使うことが必要ですよ、ぐらいいって欲しいものです。
アメリカでは、薬ではなくサプリメントを進めるみたいですが、日本でも副作用があるステロイド剤を処方するのではなく、アトピーに効果的なサプリメントでも勧めてくれた方がまだましだと私は思いました。
これだと、アトピー性皮膚炎にかかった人は一生ステロイド剤を買い続けなければいけないではないでしょうか。
今の日本の医学は、間違っているのではないかと疑問に思いました。
そうは言っても、彼氏が無事にアトピーの症状が、背中からも、顔からもなくなりましたので、ホッとしています。
彼氏自身も、私のおかげだと大変喜んでいました。
彼氏が良くなればそれでいいかと思うことにしました。
しかし、アトピー性皮膚炎に一回かかるとあとはとんでもないことになるなーと思いました。
アトピー性皮膚炎に掛かる前に、予防対策をするようにしたほうがいいと改めて思いました。
これから毎日、彼氏のためにいままで通リ料理を作ってあげたいなと思います。
なんか、アトピーに彼氏がかかったおかげで、2人の中が良くなったようにも感じます。
今の関係がいつまでも続きますように、アトピーのおかげです。
アトピー性皮膚園はたんある湿疹とかゆみだけなので、すぐに良くなるのではないかと思っていましたが、想像以上に治療がしにくい病気なんだと今更ながら思い知らされました。
彼氏の方も、アトピーがこんなに辛いものだと、始めて感じたようです。
アトピー性皮膚炎になる前に予防対策をされることをおすすめします。


スポンサーリンク





アトピー性皮膚炎にかかった場合には、どうしてかかったのだろうと思うときはありませんか。
そんな時に一番に何を考えますか。
何がどうということはありませんが、アトピー=生活の乱れではないでしょうか。
そうなりますと、食生活を改善しないといけませんが、その中でも食事の改善は必要不可欠なことです。
ただ、アトピー性皮膚炎にかかってしまうということは、何が原因かをはっきりとさせなければいけません。
食事がほんとうに、アトピー性皮膚炎の原因なのかどうかを判断する必要があります。
そのためには、現在どのような食事をしているかを洗い出さなければいけません。
実際のところ食事ではないかもしれませんので、その点はしっかりと把握してからどうするか決めなければいけません。
まずは、メイン料理にはどんな物を食べているかが大事です。
メイン料理で、まず食べているものを洗い出しましょう。
食事の中で1番ボリュームがあるメインの料理に牛肉や豚肉など油っぽい食材を利用していないでしょうか。
牛肉や豚肉などをよく食べている場合は、要注意です。
食事を変える必要があります。
牛肉や豚肉をよく食べるような食事の場合ですと、間違いなくアトピーにはよくありません。
そんな食事をするようでは、今アトピーにならなくてもいずれアトピー性皮膚炎にかかる可能性が高くなります。
そこで、考えていただきたいのが、脂分を取りすぎると皮膚にはあまりよくないということです。
肉であれば、ささみなど、淡白なものを食事では食べるようにしたほうがいいと思います。
そこで、食事のメイン料理として1番おすすめは魚です。
それも白身魚がアトピー性皮膚炎には効果が出ます。
そんなアトピー性皮膚炎に有効な食事のメイン料理には、肉類でもササミなど蛋白なものを食べるようにして、決して牛肉や豚肉は食べ過ぎないようにしてください。
その代わり、魚をメインに食事を摂るようにすれば、アトピー性皮膚炎には効果的です。
食事のときのメイン料理はこのようにすれば間違いなくアトピー性皮膚炎には有効な食材となります。
次に、副菜には何を食べていますでしょうか。
野菜を食べていますでしょうか。
野菜を食べているかどうかで、全然変わってきます。
野菜は消化を促すのと、メイン料理のりょうが少なくて済むように、補助してくれます。
野菜料理を食事の最初に食べることで、よりアトピー性皮膚炎には効果的な食事となります。
野菜中心の食事を摂るようにすれば、アトピー性皮膚炎とは無縁の物になります。
しかし、それだけではまだ足りません。
食事以外でも注意をしないといけません。
食事以外で、感触をしたりする場合は、砂糖類はなるべく取らないようにしてください。
砂糖等はアトピーには非常によくありませんので、より多くの砂糖の摂取は、アトピー性皮膚炎にかかる、最も悪い食べ物です。
野菜をメインで食事をとるようにして、なるべく肉類は避けるようにしたほうがいいと思います。
そうすることで、アトピー以外の成人病への対策にもなります。
皮膚にいい影響を与えるのが、野菜をたくさん食べることですがそんなに野菜を食べることはできないと思います。
やはり、子供には野菜や魚より肉が好きなので、どうしても肉を食べさせないというわけには行かないと思います。
そんな場合は、鍋料理にして、少しでも肉の油を落としてから食べるようにしてください。
更には、鍋には野菜をたくさん入れますので野菜を食べることにもつながります。
日本の鍋料理は、野菜を取れてそれに肉の油を極端に落としてくれますので、病気になりにくい料理ということになります。
鍋料理は、昔からありますので子供もこれであれば、食べてくれるのではないでしょうか。
このように、食事が原因でアトピー性皮膚炎にかかった場合は、食べる食材に大きく影響してきていると思います。
何を日頃食べていたのかを、しっかりと思い出して、アトピーには良くないであろう食材はなるべく食べないような食事にする必要があります。
牛や豚の肉を食べたい時には、少しでもあぶらを落とせるような食べ方をするようにするのと、食べる回数を減らすようにしてください。
何かを変えないと、アトピー性皮膚炎の症状は軽減できません。
治療のためと思い、少しでも食事を見直す必要があります。
それだけ、食事は大切なものですので、日頃どんな料理を食べているのかを考え直すことも大事です。
大人は、そこまで今から話をします飲み物を飲まないと思いますが、子供は要注意です。
子供は炭酸飲料や、糖分たっぷりの飲み物が大好きです。
子供が好きだからといって、飲みたいものを飲みたいだけ飲ませていると、間違いなくアトピー性皮膚炎に真っしぐらです。
炭酸飲料は間違いなくアトピー性皮膚炎にはよくありませんので、絶対に飲まないようにしてください。
あとは、缶コーヒーですが、子供はあまり飲まないと思いますが、大人の場合は、よく缶コーヒーを飲むのではないでしょうか。
缶コーヒーを飲む場合は、ブラックをできるだけ飲むようにしてください。
砂糖入りは、微糖の場合でも相当量の砂糖が中には入っていますので、アトピーには全くよくありません。
ほかにもアトピー性皮膚炎にはよくない食事としては、カレーやからしなど香辛料の強いものは、アトピー性皮膚炎には決してよくありません。
これはなかなか難しい食事になるかもしれませんが、一旦アトピー性皮膚炎にかかってしまうと、どうしても制限をしなければいけなくなります。
そうならないためにも、少しでもアトピー性皮膚炎とは無縁の食事をとるようにしてください。
あと、これも大事なことですが、酒も控えるようにしてください。
お酒が弱い人だと、お酒を飲んだあとに湿疹などが体中に出る人がいると思います。
そんな人は絶対にお酒は飲まないようにしてください。
そうしないと、すぐにアトピーとまではいかなくてもアレルギー反応を示してしまう可能性があります。
毎日の食事を作る時に、どんな食材を使って調味料はどんなものを使うかなどをしっかりと考えてから、料理を作るところから始めてください。
何も考えないで作っていると、アトピー性皮膚炎になってしまうことになりかねません。
アトピー性皮膚炎と食事というのには大きく関係していますので、コノ店はしっかりと頭に入れてアトピー対策を取る必要があります。
食事の内容を見直してみて、現在アトピーの方は、変えないと絶対にアトピーは治りませんので、その点はしっかりと考えてから食事をするようにしないといけません。


スポンサーリンク






アトピーの原因と運動は関係あるのか? [アトピー]

スポンサーリンク





アトピーと運動にはどのような関係があるのでしょうか。
アトピーにはあまり関係がなさそうな運動です、運動をするのとアトピーの関係をちょっと見てみたいと思います。
運動をして汗をかいた時によく痒みを感じる時がありませんか。
痒みを感じた時に掻いてしますと、どうしても発進がでて掻けば掻くほど症状がひどくなります。
アトピー性皮膚炎の始まりです。
運動をするからというよりは、運動をしたあとの汗が、アトピー性皮膚炎に大きく影響しているということです。
では運動をしなければいいのではと思いますが、確かん煎運動をしなければ汗もかきませんし、アトピー性皮膚炎になることもありません。
人間は、運動しないとどうしてもほかの病気にかかる可能性があります。
運動は悪いものではありません。
運動をして、汗を掻くことで体内の読書を対外に輩出してくれているのです。
運動していないで、たまに汗をかくような運動をすると、湿疹がひどくなる時がありませんか。
そんな時には、体内に溜まっていた毒素が一気に汗と一緒に出てきたのです。
湿疹がたくさん出るということは、毒素がたくさん出たということになります。
そのまま、運動と汗を繰り返していると、徐々に発疹の症状が少なくなってきますので、出すべき毒素が少なくなってきているということになります。
アトピー性皮膚炎は、体内の毒素と大きく関係をしています。
毒素には細菌も含まれていますので、悪い最近を体内から出す作用が汗にはあります。
汗を掻くということは悪いことではありません。
汗をかいた後にアトピー性皮膚炎の症状が出てくることに不快感を示してしまい、運動をしないというのは、よりアトピー性皮膚炎を悪化させることになります。
運動をして汗をかくことは大事なことです。
汗をいっぱいかいて、体内の毒素を大概に出すことは大事で、何回も汗をかいていると体内の毒素がなくなり、さらさらの汗をかくようになります。
そうなると、発進がなくなり、アトピー性皮膚炎の症状がなくなりますので、そこまで汗を掻くことで体内の町の働きも良くなります。
運動をすることは悪いことでないので、発疹がでても、めげずに運動をやり続けることも大切です。
そうすることで、アトピー性皮膚炎の症状を抑えるだけでなく、腸の働きも正常にしてくれます。
腸の働きが良くなるということはどういうことでしょうか。
腸の働きが良くなるとアトピー性皮膚炎の軽減にもつながり、最終的にはアトピーが完治することにもつながります。
腸内には、糸井都な細菌がいますが、その中でも悪い細菌といい細菌がいます。
悪い細菌が全く居なくなればいいというわけではありません。
腸内の細菌のバランスが大切になります。
バランスがいい腸内最近を保つことで、皮膚にもいい影響を与えることになります。
その目安として、汗をかいた時の状態でわかります。
腸内最近を検査で探ることはできますが、毎回病院で検査をすることなど誰もしません。
自分で腸内の細菌の状態を探るには、運動をしたあとの汗の質を見れば、一目瞭然です。
匂いが臭くてどろっとしたような汗の場合は、腸内細菌のバランスが悪いということになります。
腸内細菌のバランスが悪いと皮膚にも影響してきて、アトピー性皮膚炎にもなりやすく注意が必要です。
汗がさらっとしていれば、間違いなく腸内の細菌のバランスがよく、皮膚の状態もいいということになります。
汗は、体の健康状態の確認をすることができます。
運動をして汗をかくと何が変わっているのでしょうか。
腸内のバランスの回復ができるということは分かりましたが、なぜ腸内のバランスが変わってくるのでしょうか。
ここが大事です。
運動をして汗をかくということは新陳代謝が良くなっているということになります。
新陳代謝が良くなることで、腸内の正常化や肌の質の向上などからだ全体の機能の向上になります。
運動をすることで、アトピー性皮膚炎に掛かりにくい体にいしてくれて、既にアトピー性皮膚炎にかかっている人の場合は、症状が軽減されることになります。
運動をすることで、アトピー性皮膚炎だけではなく、肥満帽子・体力の向上・筋力アップします。
さらに、結構もよくなり、精神的なストレスの解消にも役に立ちます。
運動をすることは、どんな薬より体に良い影響を与えるということです。
ただ、気になるのが、運動をしてから腸内の最近を正常化したり、皮膚の状態を正常化したりできますが、その前に悪い毒素を汗として体外に出しますので、その場合は、どうしてもアトピーの症状として発疹や痒みが出てしまいます。
この痒みに耐えなければいけません。
ただそのままの状態でいることは、アトピーの症状を悪化させることになります。
その為少しでも症状を軽減させるためには、運動をして汗をかいた後にはシャワーでしっかりと汗を流すことで、アトピー性皮膚炎の症状を軽減させることができます。
ところで、運動といってもいろいろな運動があります。
有酸素運動や筋肉トレーニングなどがあります。
どちらも、汗をかきますがどちらのほうがアトピー性皮膚炎に効くのでしょうか。
それともどちらともアトピーには効果がでるのでしょうか。
有酸素運動をするよりは筋肉トレーニングをする方が、アトピー性皮膚炎に向いているということです。
なぜ筋肉トレーニングがアトピー改善に向いているのでしょうか。
アトピーの症状を軽減させるために行いますが、基礎代謝の向上・血液促進・ホルモン分泌料の増加など、体調を整えるためには効果的なものです。
この運動をすることで、これらの改善をするのには有酸素運動もアトピーの症状の改善もしてくれます。
ただその効果の度合いを考えると、当然有酸素運動よりも筋肉トレーニングの方が圧倒的な効果を発揮してくれます。
現在毎日ランニングなどを行っていて、楽しく運動をしているような人に、筋肉トレーニングの方が効果的なのでランニングを止めて筋肉トレーニングをしてくださいということは致しません。
既にアトピー対策として運動をしているのであれば、無理に筋肉トレーニングに切り替える必要はありません。
有酸素運動が悪いのではなく、筋肉トレーニングの方がアトピーの症状の軽減になるということです。
効果があるからといって、今行なっている運動をやめてまでする必要はありません。
無理なことをすることで、逆にストレス感じてしまい、アトピーの症状を悪化させることになりかねません。
そんなことになっては意味がありませんので、有酸素運動を続けたほうがいいと思います。
そうしないと、折角行っている有酸素運動が無意味になってしまいます。


スポンサーリンク





最近のアトピーは昔と違って、大人でもかかります。
大人のアトピー性皮膚炎の原因はなんでしょうか。
治療をするには、まずはその原因を究明する必要があります。
どんな病気でも、その病気の元となる原因が必ずあります。
その中でも、アトピー性皮膚炎にかかる原因には、いろいろな条件があり、正確な原因というのを見つけるのがなかなか難しいというのが現状でしょう。
大人でもアトピーにかかるというよりは、大人の方がアトピー性皮膚炎にかかりやすいと言えそうです。
昔とまでは、断然アトピーにかかる人が多くなっています。
なぜここまで、アトピー性皮膚炎にかかってしまうのでしょうか。
アトピー性皮膚炎にかかる原因を見つけることができれば、治療もやりやすいのですが、治療法がないのは、その確かな原因がわからないからでもあります。
アトピー性皮膚炎に大人がかかった場合は、なぜそうなったかを突き止めることができれば、1番いいのですが、原因という原因がわからないままにアトピーの症状が出てきた場合は、消去法でアトピー性皮膚炎の原因を突き止めることにしましょう。
では、アトピーの原因と思われるものを一つずつ上げていきますので、もし自分が思い当たるとことがあれば、そのことが原因でアトピー性皮膚炎にかかったということになりますので、その後の治療に役立ててください。
アトピー性皮膚炎の原因として、まず睡眠を規則正しく行っていますか。
睡眠は1番大切なことで、人間は寝ることで体と脳を休めることになり、寝ている間に成長していきます。
アトピーの場合は皮膚にアレルゲンが侵入することで発症します。
秘封の場合は、その機能を回復させたりするのは、人間が寝ている間にするようになっていて、睡眠をあまり取らないということは、皮膚の回復がされていないということです。
睡眠不足は、生活をしている間に壊されたバリア機能の回復がされないということで、そこからアレルゲンなどアトピーに悪い影響を与える細菌が侵入してくることになります。
そうならないためにも、睡眠をしっかりと取ることが大切です。
ただし、スミンはいつ取ってもいいというわけではありません。
22:00から26:00というのが、皮膚が回復をする1番の時間帯だということで、その時間帯に寝ていないと、全然皮膚が正常に回復することはありません。
そんな皮膚の回復ができない睡眠のとり方を続けていると、それが皮膚に悪い影響を与えてしまい、アトピー性皮膚炎に掛かることもあります。
そうならないためにも、今の自分が、きちんとこの時間帯に睡眠をとっているのかどうかを確認してください。
確認をしてみて、22:00~26:00に睡眠をあまりとっていないようであれば、これが原因でアトピー性皮膚炎にかかっている可能性があります。
特別に治療として何をするわけではなく、まいにち22:00から26:00までの間に睡眠を取ることを心がけてください。
そうすることで、アトピー性皮膚炎を完治させることができるはずです。
ただ、治療としては、睡眠時間を取り、皮膚が正常化する時間帯に必ず寝るようにすることだけなので、症状がすぐに良くなるわけではありません。
症状がよくなるまでは、痒みや失神等は必ずと言っていいほど出てきますので、そこでは何らかの対策が必要になります。
痒みを止めることから始めないと行けません。
痒みを止めるには、どうしても薬に頼らないとなかなか耐えられなくなります。
あくまでも四肘的な症状の軽減をするだけなので、ここでは塗り薬を使用しますが、決して症状が良くなったからと言って、睡眠時間を減らしたり、前の睡眠の時間帯に寝るのはまた、再発してしまいますので、絶対にしないでください。
塗り薬には、ステロイド材が使用されると思いますので。患部はすぐにアトピーの症状が良くなりますが、決して完治したわけではありませんので気をつけてください。
ステロイド剤を塗る=完治ではなく、ただ単にアトピー性皮膚炎の症状を抑えているだけだということを認識しておく必要があります。
アトピーが治っていると勘違いして、やめる人がいますが、決して感知をしているわけではありません。
症状が軽減しているだけで、やめると、症状が以前以上に悪化してしまい、その時に使っていたステロイド剤では効かなくなります。
そうなってしまうと悪循環で、アトピーの症状がどんどん悪くなってしまいます。
アトピーの原因が睡眠時間ということがわかった時点で、早寝早起きをするようにして、その済ンを継続することで、忘れた頃にアトピー性皮膚炎は完治します。
完治してから、睡眠時間を元に戻していいものかは、ダメです。
元の不規則な睡眠時間にすることで、また、肌の正常化機能がなくなり、バリア機能が弱くなりますので、細菌に侵入されてしまうことになります。
せっかく、ここまで我慢してきたことが無駄なことになってしまい、一からやり直しということになります。
アトピーの原因が分かり、その原因を解消することで、アトピーが完治します。
完治したあとには、そのままの生活を続けていってください。
そうすることで、アトピー性皮膚炎の再発を抑えることにつながります。
現代人の大奥の原因が、この睡眠時間と睡眠の時間帯が問題となり、アトピー性皮膚炎を引き起こしています。
子供にアトピー性皮膚炎が少なくて大人に多いのには、この睡眠時間と時間帯が大きく影響しています。
アトピー性皮膚炎子供があまりかからないのは、夜早く寝て朝早く起きるという、大人以上に睡眠には気を遣う親がいるからアトピー性皮膚炎の症状が子供にはあまり出ないのではないかと思います。
寝るというのは、アトピーにかかわらず、人間の基本中の基本で、睡眠不足は、脳の働きも悪くしますので、指令が鈍ることになり、体にも影響してきます。
動きが鈍くなったりして、運動中に怪我などの原因になることもあります。
それだけ寝ることは、大人だけにかかわらず、人間にとって非常に重要なことになります。
肌の回復が悪くなると、そうしても細菌が発生しやすくなり、皮膚のバリア機能も低下してしまいますので、細菌のターゲットになり、皮膚から悪い菌が侵入してきます。
一旦侵入されてしまうと、あとはアトピー性皮膚炎nかかることを覚悟しなければ行けません。
実際のところ、規則正しい睡眠をとることはむつかしいのが現代の大人たちです。
なかなか、22:00から26:00の間寝ていることなど、不可能に近いのですが、できるだけその時間帯は睡眠をとるようにしてください。
そうしないといつまで経ってもアトピー性皮膚炎が完治しません。

スポンサーリンク




前の3件 | - アトピー ブログトップ

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。