So-net無料ブログ作成

アトピーを治すためには薬より保湿剤2

スポンサーリンク





私も以前アトピー性皮膚炎にかかってしまって、治療をしなければ行けなくなった時もありました。
その時に行ったこととして、まずは病院で治療薬としてステロイド剤を処方されました。
ステロイド在自体は、副作用があり、いったんアトピーの症状が軽減されていますが、またアトピーが発症した時には、もっと強いステロイド剤を使用しないといけないことは知っていました。
もっとひどくなると飲み薬を処方されるということも知っていました。
飲み薬まで飲むようになると、アトピーの症状が相当進んでいて、これ以上の症状に対して治療薬がないのではないかというくらいひどい状態になる可能性があるということです。
ただ、ステロイド剤だけに頼るのではなく、それ以外でアトピーの症状を軽減させて治療する方法というものをネットで調べて実践していました。
ただ、病院ではステロイド剤以外でアトピーの治療薬というのはありませんので、それ以上のことを医者に求めることはほとんど不可能です。
ただ、乾燥しないようにしなさいというくらいです。
乾燥しないためにどんなものを使用したらいいのかなどは、全然教えてもらえます。
そこで、わたしが注目したのは、インターネットです。
インターネットにはたくさんの情報が載っていまして、アトピーなどで検索すると、いろいろな情報がでてきます。
その中でどれが本当のアトピーに効く情報で、全くのでたらめなのかは、はっきり言ってわかりません。
そんな中、肌を乾燥させることはアトピーの症状を悪化させるということは実感として分かりましたので、乾燥肌にならないように保湿剤を使って保湿しようと考えていました。
そんな中、保湿剤を使ってアトピーの症状が出ているところを保湿して乾燥しないようにすることは必ず役に立つと思っていましたので、アトピー性皮膚炎に効く保湿材を調べてみました。
それと同時に、いつその保湿剤を塗れば効果的なのか、1日何回保湿剤を塗ればいいのかなどをインターネットで調べてみました。
病院でもらえる保湿材もあるようですが、わたしがいった病院では保湿剤としては何ももらえませんでした。
どうも、アトピーに関しての知識が少ない医師だったようで、ありきたりのステロイド剤のみで治療を行っているようです。
というか、ステロイド剤では治らないので、あとは、自分で保湿剤などは探してから使ってみようと思ったのです。
そこで最初に調べてから、保湿剤の良さそうなものを見つけることにしたのです。
インターネットにはいろいろな保湿剤が紹介されていて、どれを使った一番いいのかがわかりませんでした。
ただ、全てに腰痛していることがありましたので紹介いたします。
保湿剤にはいろいろな成分で作られています。
その中には、共通して言われていることがありました。
保湿剤を使用するときには、自然素材のものを使うことが大事だということです。
無添加で化学物質が使われていないものを使用するということです。
あかちゃん用であれば、いろいろな化学物質などが入っていなくて肌に優しく利用しても問題はないものと考えていましたが、あかちゃんようでも無添加などと書かれていても、その成分には、化学物質が使われているものもあるということが分かりました。
そうなると製品名や製品のキャッチコピーに騙されえないようにしないといけないと思いました。
いかにも体に良さそうな名前やキャッチコピーの保湿剤でも体には良くない科学物質がはいっているものもありますので、成分表をしっかりとみてから購入するようにしました。
多くの保湿剤に含まれているものとして防腐剤が多くの保湿剤に含まれていることもあります。
わたしが実際に使用してアトピーに効果があったものとしては、ソンバーユです。
このソンバーユは、馬の油のみが使われているもので、乾燥肌でもあまりひどくない場合は、このソンバーユを塗っていると星使おうかが良くアトピーの症状には非常に効果がありました。
ただ、アトピーの症状がひどい場合には、このソンバーユはあまり効果がでないと言われていますので中期の症状ぐらいの人であれば、このソンバーユを使っていれば、感想火なくなり、皮膚にもいい保湿剤で使用してもなんおの副作用もないと言えます。
ソンバーユというのはどういうものかと言いますと、肌の除菌作用があり、結構を促進してくれる効果があります。
顔に塗っても何の問題もなくしようすることができます。
薄く塗るよりは、厚く塗る方がより効果的で、乾燥肌には最適なソンバーユではないでしょうか。
カニ犬っていると、ガサガサになってありはげ落ちたりしてきますが、これは肌の保湿光がよくなってきていtr表面の皮膚を落としてくれて状態のいい皮膚が出てきてくれる全長ですので、いい兆候だと思っていて問題ありません。
これだけをアトピーの症状の皮膚に毎日塗るだけで、断然変わってきますので使う価値はあると思います。
ソンバーユは、風呂上がりに毎日塗るようにして、乾燥しないように心がけてください。
毎日塗っていると、皮膚に変化が出てきて、入浴中に顔を洗うとひと皮向けてくる時がありますので、この状態になったらしめしめと思ってください。
着実にアトピー肌が改善されてきていると思っていて間違いありません。
このソンバーユはアトピーだけではなく、それ以外の、ニキビなどにも効果的で、にきびに塗るとニキビが少なくなると言われています。
それだけではなく、薄毛の人が当否にソンバーユを毎日塗り続けていると、怪我なかったところから薄く発毛してくる時があるのも実証されています。
ソンバーユはどんなものにも効果が発揮されると言われているのではないでしょうか。
情勢の小じわ対策として毎日朝晩、ソンバーユを塗り続けていると、人によってはシワ等が取れてくると言われています。
アトピー以外でもいろいろな症状に効果的で、副作用もありませんので、女性は特にオスメです。
これ以上の特効薬ないのではないでしょうか。
病院のステロイド剤ばかりに頼るのではなく、毎日の肌のケアを大切にすることで、アトピーの再発を防いだり、アトピーの症状を軽減させてくれたりします。
なんといってもソンバーユは天然素材で作られていますので、科学物質などは全く入っていません。
その為体に優しい保湿剤として使用する事ができます。
アトピーとは全く関係はありませんが、ソンバーユを塗り続けていると、はだの針が良くなったとか、毛穴が小さくなってきめ細かな肌に変わったなどという事例もたくさんありますので、あとイー以外でも肌の若返りとして使えるのではないでしょうか。


スポンサーリンク





アトピーには、今現在多くの薬が書の中に出回っています。
そんな中、アトピーの特効薬と言われるものが出ているのでしょうか。
いま一番アトピー性皮膚炎の症状を和らげてくれるものとしては、ステロイド剤しかないと思われています。
それもわからないことはありません。
病院ではステロイド剤しか処方されませんので、どんな症状の人でもステロイド剤を与え続けています。
ほんとうに、アトピーに効果があるのはステロイド剤だけなのでしょうか。
ほかにも市販で出されている薬の中には、ステロイド剤のように副作用がないものがあり、そんな薬などで治療することもいいのではないでしょうか。
市販の薬でアトピーに効果がある薬といえば、実際にどんなものでしょうか。
あまり知られていませんが、その種類には相当な数があるようです。
ここで、いくつか市販されている薬でアトピーの治療には効果的な薬をご紹介します。
ボリベリーという市販薬の場合は、基本的には、オムツかぶれやあせもなどに効果がある薬です。
かゆみを抑える抗ヒスタミン剤が含まれていて、痒みを抑えてくれます。
抗ヒスタミンがアトピーの症状である痒みを抑えるのに効果的です。
ボリベリーにはもともとかさかさした肌をしっとりとしてくれたり、ジュクジュクした肌を直してくれたりする効果もあり、基は植物油を使用していますので体にも優しく副作用はないと言えます。
これらも、アトピーの症状を軽減させてくれますので、試してみる価値はあります。
ステロイド剤のような副作用はありませんので有効な薬剤です。
使用するうえで注意する点がいくつかあります。
薬などでアレルギー症状を起こしたことがある人は、使用しないほうがいいです。
アトピーの症状がひどく、皮膚がただれたりしている場合は、症状がひどくなり逆効果となりますので注意が必要です。
効果やこうのうとしてはアトピーの症状は書かれていませんが、間違いなくアトピーの症状にも効きますので使用する価値はあります。
アトピーの症状の中でも、傷口ができたりして痛みを伴うような場合には、キップパイロールを使用すると非常に治療効果はあります。
基本的に、殺菌作用があり、やけどや日焼け、切り傷に塗る軟膏となっていて、傷口を殺菌して細菌を除去してくれます。
アトピーの症状で、あかぎれのような傷がある場合は、キップパイロールで傷口を直してから、ほかのアトピーの薬に切り替えると効果的ではないでしょうか。
ただ、アトピーの症状が広範囲になっているような場合は使用しないで、医師に相談して別の治療薬をもらったほうが無難です。
アトピー症状を治療するというよりは、表面に幕を張って水分の蒸発を少なくするためには最適な、サンホワイトがおすすめです。
香料や着色料などをつかっていない、肌にはやさしいワセリンタイプの塗り薬です。
肌への刺激が少ないので、肌荒れに使うものですが、アトピーの症状にも効果的な薬です。
市販されているワセリンタイプの薬としては非常に純度が高く、アトピーの保湿用に使うと効果が発揮されます。
これらにあげた薬を、症状に分けて使い分けるとアトピーの治療には効果的です。
これらの薬を使う理由としては、病院で処方されるステロイド剤を使うと、どうしても副作用が出てしまい、アトピーの症状を治療しているのか、悪化しているのかわからなくなるケースが多々あります。
ステロイド剤自体にも強弱がありアトピーの症状によって医師たちは、処方するステロイド剤を使い分けています。
ステロイド剤の効果とアトピーの症状別に見てみましょう。
プレドニゾロンという塗薬の場合は、アトピーの症状が完全に初期段階であり、そこまで心配をする必要がないアトピーの症状が出ている時に使用します。
その次に強いのがキンダベートロコイドという薬です。
アトピーの症状としては初期段階から若干進んで、赤い湿疹に痒みを伴う程度のものであれば効果が発揮されます。
それ以上のアトピーの症状が出ている場合には、あまり効果が発揮されないと思います。
次に強いステロイド剤としては、メサデルムリンデロンVプロパデルムボアラというステロイド剤は結構強いステロイド剤となりますので、長期的に使うのには向いていません。
アトピーの症状に傷口ができたり、患部がジュクジュクしてきたりしている場合には、この薬が効果的です。
この薬を使うようになると、アトピーの症状が相当進んでいて、薬だけに頼っていては感知する見込みがありません。
ほかの食事の改善策や、アトピーの原因となるものを見つけて、その改善をしていかないと、どんどん悪化していきます。
最後の超強力なステロイド剤として、アンテベートネリゾナマイザーというステロイド剤ですが、アトピー症状がもっとひどくなっていて、かゆみや傷等は当たり前でもっとひどい場合に、これを使って治療にあたります。
できれば、顔には使用しないようにしてください。
思わぬ副作用で、顔にもっとひどいアトピーの症状がでてきます。
サラン強いステロイド剤となると、ダイアコートリンデロンDPという薬がありまして、その薬は最後の砦のようなもので、これ以上のステロイド剤はありません。
これを使う必要があるアトピーとなると、相当ひどい症状が出ているということです。
どれも同じことで、ステロイド剤に関しては、長期的に使用するものではありません。
できるだけ症状が我慢できないと思えるときだけ短期間使うようにしてください。
そうしないと、塗るべきステロイド剤がなくなってしまう可能性があります。
症状がひどくなると、塗薬だけでは効かなくなりますので、ここからは内服薬を使用することになります。
内服薬は、外用薬に比べて、即効性があり、強いアトピー性皮膚炎にも効果的ですが、に服薬は、強いがためにいろいろな副作用が発生します。
できればステロイド剤に頼らなければいいのですが、そう言っていられないのが現状です。
そうしてもかゆみに耐えられなくなり、痒みを止める薬が必要になります。
どちらにしても、ステロイド剤は体に悪い英文を含んでいますが、その中でも使い方を間違わなければ、なんの問題もない薬というものはあります。
いろいろとアトピーに効くステロイド剤を紹介してきましたが、ほかにもいろいろと薬があることを知りました。
アトピーの症状が軽い場合は、ステロイド剤を使わない薬を塗ってなんとか、アトピーの症状を和らげる必要があります。
それでも、非ステロイドではアトピーの症状は治らないものとなっています。

スポンサーリンク





nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。