So-net無料ブログ作成

アトピー性皮膚炎って病気なの? [アトピー]

スポンサーリンク





アトピー性皮膚炎は現在たくさんの大人がかかっていて、アトピー予備軍まで入れると相当数の大人たちがアトピー性皮膚炎にかかる可能性があります。
これだけの大人たちがアトピーにかかるといことは、治療法が出ていないというのもあり、次から次へとアトピー患者がふえているのではないでしょうか。
ただ、医学的にも、アトピーの治療法はないという現状があります。
その中で、アトピー性皮膚炎は移るのではないかということも噂されています。
アトピーは本当に映るのでしょうか。
一度アトピー性皮膚炎二かかった人が、一旦完治したあとにまた、アトピー性皮膚炎にかかるとその症状が非常にひどくなるということです。
あとイーが再発した場合に、赤みを帯びるどころか、皮膚から膿のような汁が出てくることもあります。
この膿が出てきた場合は、アトピー性皮膚炎としても相当ひどい状態で、これは治療するのに相当苦労します。
ただ、この膿のような汁を触るとその人にうつるのではないかという噂も流れています。
本当にそうなのでしょうか。
アトピーの症状が出る人は、遺伝子レベルでその原因を持っている人がかかりやすいと言われていて、鼻炎や花粉症などのアレルギー体質の人がもっとかかり安いと言われていまます。
そして、アトピーの症状としては、赤い湿疹ができて、かゆみを伴うことがあります。
この症状は継続するというより、一旦治ったように症状がなくなりますが、また、次の年の同じ時期に症状が出てくることもあります。
慢性的にこのような症状が出る場合は、アレルギーではなくアトピー性皮膚炎と診察されます。
病院に行くと間違いなくステロイド剤を処方されて、毎日塗るかのムカするように言われます。
これで、アトピー性皮膚炎の症状がはっきりとして、薬を塗ることで、その症状を軽減していくことになります。
ただ、アトピーはその遺伝的な要素を持っていなければ症状が出てくることはありません。
どんな生活をひていたとしても、アトピー性皮膚炎とは完全に無縁の関係になります。
そうは言っても、ほかの伝染病のように、アトピー性皮膚炎の症状がひどくなり膿のような汁が出てきている場合に、ほかの人が触ると映るのではないかと言われています。
このような症状の人に触れてもアトピーは移ることはありません。
アトピーは体の内部の働きの影響で起きる肌の病気なので、他の伝染病のような移ることはありません。
では、なぜこのような噂がたっているのでしょうか。
これには理由があります。
アトピー性皮膚炎自体は移りませんが、それ以外の細菌がアトピーの症状がひどい人の膿にはありますので、その他の細菌が移ることがあります。
触った所に傷があれば、体の内部にその細菌が侵入して、別の炎症を起こしたりすることがあります。
あと、アトピー患者の方が皮膚のバリア機能が低下していますので、ほかの人の細菌などが移って、アトピーの症状が悪化することがあります。
結論から言うと、アトピー患者の膿のような汁に触っても感染はしません。
ただ、別の細菌がほかの人の傷口などから侵入してほかの炎症を起こして、病気にかかることがあります。
これはアトピーというより、ほかの細菌をたくさn持っているからだということです。
しかし、いろいろのサイトでアトピー患者に接すると映るのではないかという疑いの記事がたくさんありますが、医学的には移らないということになります。
アトピーは伝染病ではありません。
自身の体内の状態と遺伝によりその悪化した体の状態の時にアトピーの症状がでてきます。
これは、個人の問題で、他人とは何の関係もありません。
アトピーのもうひとつの疑問ですが、どこに症状が出てくるのかがわからないのもアトピーの特徴です。
アトピー性皮膚炎の症状は、顔・首・背中・胸・お腹・足などありとあらゆる場所にその症状はでてきます。
毎年同じところにアトピーの症状が出てくるのも特徴の1つです。
アトピー性皮膚炎の症状が出てきて一番区になるのはどこでしょうか。
洋服で隠れる部分であれば、人前にその醜い姿を晒す必要がないので、気にならないものですが、それが、顔や首に出てきてしまうと、どうしても気になります。
特に顔に出てくる場合は気になり、特に女性の場合は化粧をしますのでより気になるところです。
女性の場合顔にできてしまうと、仕事すら普通にできなくなる場合もあります。
子供の場合であれば、少しはひと目についても気にならないのですが、それが大人に出てしまうと、きになり仕事すらやる気にならない場合がでてきます。
芸能人でも、顔にアトピー性皮膚炎の症状が出る人がいますが、その場合は、治療をしながら芸能活動を続けている人もいますが、一旦芸能活動を休止して治療に専念するくらい重賞の人もいます。
芸能人の場合は、どうしても一般人に比べると人前に肌をさらすことがよく有り、その場合、顔は致命傷です。
いくら売れていても、顔のアトピー性皮膚炎の場合は、はだがボロボロになりますので、化粧でどうにかカバーすることもできますが、あまりひどいアトピーの症状の時には人前に出ることもできなくなります。
顔にアトピー性皮膚炎の症状が出てしまうと芸能人でもなく一般人でも仕事に影響をします。
少しでもアトピーの症状を軽減しないといけません。
そこで最初に考えるのが、化粧です。
化粧品にどんなものを使用しているかを認識して、化学物質を使っているような化粧品場合は、すぐにやめて、自然素材を使った化粧品を付くようにしてください。
さrに、化粧の前には、スキンクリームやオイルをしっかりと塗って、肌をしっかりと保湿しておかなければいけません。
その時に使用するクリームやオイルも自然素材のものを使用するようにしてください。
その後、化粧をするのですが、ファンデーションなどはなるべくしないようにして、アイシャドーなども入れないようにして、できる限り化粧を簡素化するようにしてください。
一番いいのが化粧をしないことですが、これは女性からしたとても恥ずかしいことなので、自宅にいるときだけでも、なるべく化粧をしないようにして、素顔で過ごすようにしてください。
そうすることで、アトピーの症状を悪化させないで、軽減させるようにできます。
いろいろとアトピーについて書きましたが、アトピーはうつるかどうかといいますと移ることはないということです。
万が一、WEB上でアトピー性皮膚炎はうつると書かれている記事がありましたら、それはデタラメですので、見てはいけません。
アトピー性皮膚炎はうつる病気ではありません。

スポンサーリンク





アトピー性皮膚炎の症状は大人の間でもよく出てきますが、アトピー性皮膚炎の中でも厄介なのがあとイー咳嗽です。
外装にもいろいろとあり、咳喘息というのとアトピー咳嗽の2つがあります。
症状としては似ていまして、アトピー性外装と咳喘息とは判断がつきにくいものです。
自分で判断することはほとんど不可能で、病院に行って見てもらわないとわかりません。
アトピー咳嗽の場合は、ほかの病気と間違いやすいもので、喘息などと間違われやすいものです。
アトピー性皮膚炎の症状ですが、自分ではアトピー性皮膚炎とかんげに九九、どうしても喘息や肺炎などと間違われやすいのです。
通常の喘息であればハーハーヒューヒューなどといった症状は出てこない場合は、喘息ではなくアトピー性皮膚炎を疑ったほうがいいと思います。
痰を伴わないような外装が出ていて8時間以上続くような場合はアトピー性皮膚炎と考えて間違いありません。
端は夜から麻亜にかけて多く出る場合もアトピー性皮膚炎と考えて間違いありません。
エアコン・タバコの煙・会話や運動などで端がよく出る場合もアトピー性皮膚炎と考えて間違いありません。
さらに検査で呼吸機能は正常と診断された場合は、アトピー性皮膚炎による外装と思ってください。
ただ、病院の慰謝であれば、見た目や検査で直ぐにアトピー性皮膚炎なのかどうかの判断がつきますが、素人目ではまったく判断がつかないと思います。
それがアトピー性咳嗽です。
アトピー性咳嗽という病気自体知らなかった人が多いと思います。
私も今回初めて知ることができました。
このアトピー性咳嗽の判断は、なかなかつきにくく、だれもが喘息ではないかと疑ってしまうものです。
アレルギー体質の方は、特に喘息の症状のような物が出た場合は、間違っても自分で判断しないで、病院に行って半段をしてもらってください。
そうしないと間違った治療を自分でしてしまうことになります。
アトピー性皮膚炎と思っていて実は喘息だったとか、喘息だと思っていたら、アトピー性咳嗽だったということがありえます。
間違った判断をしないためにも、病院でしっかりと何の病気なのかを見てもらってください。
アトピー性皮膚炎は上記のように、他の病気と同じような症状が出てくるケースが多いので、間違った病気と判断してしまう可能性があります。
間違った病気と判断されないように、一旦病院で病名をしっかりと見てもらってから治療に取り組んだ方がいいと思います。
アトピー性皮膚炎は病気の一種ですが、ほんとうにアトピー性皮膚炎かどうかというのはわかりづらいものです。
アトピー性皮膚炎の基本的なことを知っておく必要があります。
アトピー性皮膚炎というのは、まずは病気なのかどうかですが、アトピー性皮膚炎は間違いなく病気です。
アトピー性皮膚炎という病気は、一旦発信屋かゆみなどが出てきますが良くなったり悪くなったりします。
その症状を繰り返していく病気で、タチが悪い病気でもあります。
このアトピー性皮膚炎という病気の人はアトピー素因と言われる肌が乾燥しやすい素因を持っています。
このように、なかなか治らない病気がアトピー制皮膚炎と言われています。
そもそも、このアトピー性皮膚炎という病気は、乳幼児に多く出ていた病気ですが、最近は、乳幼児に限らず大人でも症状が出てくる病気になっています。
乳幼児のアトピー性皮膚炎は、症状がでても、数ヶ月で完治する倍がほとんどでした。
それが、大人に発症するようになってきて、アトピー性皮膚炎という病気は、完治シなし病気として有名です。
子供の時にこのアトピー性皮膚炎にかかると、2歳で約半分のアトピー患者が治りまして、10歳無頼までには残りの半分ほどの患者が完治します。
それで、アトピー性皮膚炎は少年期にほとんどの患者が完治していましたので、いままで関心を持たれていませんでした。
最近では、その年齢になっても治らない患者や、大人になっても治らない患者がいます。
源に20歳までで、10%程度の人がアトピー性皮膚炎という病気にかかっていることになります。
10人に1人の人がアトピー性皮膚炎という病気にかかっているということです。
昔はここまでの患者がいなかったのですが、最近では多くのアトピー性皮膚炎の患者となって今も病気と闘っています。
最近その状況を踏まえて、アトピー性皮膚炎二なぜかかるのかの研究も進んできていて、少しは、アトピー性皮膚炎の症状について研究がされてきてはいます。
いくつかその原因となっているのが、遺伝によるものというのがわかっています。
アトピー性皮膚炎の遺伝といっても、家族や親族にアトピー患者がいなくても、遺伝子的には既にアトピー性皮膚炎にかかりやすい人というのがあります。
その大きな要因は、アレルギーです。
家族や親族にアレルギー体質の人がいれば、間違いなくアトピー性皮膚炎に、いつかかってもおかしくありません。
このように、アレルギー体質独特のアトピー素因というものを持っている人になります。
体内には、アレルゲンに対するそのアレルゲンを排除する抗体を作っていますが、この抗体に異常をきたした時に、アレルギー反応を起こして、最悪は、アトピー性皮膚炎二かかります。
ただ、不思議なことにアトピー素因を持っていても、アトピー性皮膚炎にはかからない人もいます。
アトピー性皮膚炎には遺伝だけでは必ずかかるというわけではないということが、これでわかりました。
肌の感想を防いで保湿成分を多く取り込んでいれば、アトピー素因を持っていても、アトピーにはかかりません。
逆に、アトピー素因を持っている人で、肌が乾燥しやすい人は、アトピー性皮膚炎にかかるということです。
既にアトピー性皮膚炎にかかっている人は、保湿性分や、セラミドが間違いなく不足していて、ドライスキンと言われる肌になります。
こうなるともうアトピーの症状がいつ出てきてもおかしくありません。
乾燥肌になると、皮膚のバリア機能が低下して、細菌に侵入されやすい状態になります。
そうなりますと、どうしてもアトピー性皮膚炎から避けられなくなります。
アレルギーの症状に大きく影響する食べ物としては、牛乳・卵¥・小麦粉が3大商品と言われています。
これらはアトピー性皮膚炎にかかりやすいもので、今の食生活を見ると、この3つともほとんどの料理で使用されています。
昔の料理の場合は、煮付け物が多かったので、アトピー性皮膚炎にかかることがほとんどなかったのですが、最近の料理には入っていないものがないくらい、牛乳・卵・小麦が使われています。


スポンサーリンク





nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。